toggle
2018-02-28

ヘナの魅力

アーユルヴェーダで伝わるヘナやハーブには沢山の効能があります。

それは必要としている人が直接触れてみて実感するもの。

食べたり、お茶として飲んだり、オイルとしてマッサージしたり、肌や髪につけたり。

アプローチの仕方は沢山あります。

このblogでも少しずつお伝えしていきたいと思います。

私が一番大切にしていることは、その時々の感覚。

例えば、ヘナは草を乾燥させて粉末にしたもので、お茶のような独特な香りがあります。その香りが鼻につくと感じる時や嫌だなぁと感じる時は体が必要としていないのかなぁと思います。

鼻と脳はとても密接な関係にあるので、その日その時の自分の感覚はとても正直です。

ヘナに興味をもって頂けたのならば、きっと50%体は必要と感じているのかも。

そしてル・ココンに問い合わせ頂いた時にはもう90%体は必要と感じているかも。

残りの10%は直接見て香ってみて下さい。

ワクワクしてきますね〜〜

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です