toggle
2018-03-10

ヘナってなに?

ヘナとはミソハギ科の植物でインドやネパールなどの寒暖差が50℃以上もあるような乾燥地帯に多く分布しています。

葉は日本の茶葉のように小さくて可愛いです。

アーユルヴェーダでは古くからヘナを皮膚病予防や外傷・火傷などの薬として使用していました。

ヘアケアとしてのヘナは葉を摘み取り乾燥させて粉砕したものを水で溶いて使用します。

ヘナの葉にはタンパク質と結合して組織や血管を引き締める収れん作用があります。

髪のキューティクルの成分であるケラチン(タンパク質)と結合して引き締めるのです。

繰り返しすることで髪にコシとツヤが出て丈夫になり抜け毛の予防が出来ます。また頭皮も引き締め炎症を抑えます。

ヘナの葉に含まれる色素成分はオレンジ色に発色します。それによって白髪を染める事が出来るのです。

またインディゴなどのハーブとブレンドすることで色味の調整もできます。

科学的な白髪染めとの違いは黒髪を脱色して明るくすることは出来ません。

自然からの恵みであるヘナには出来ることと出来ないこととあります。

それでも、ヘナを通して私たちが受け取る自然からの恵みはとても素晴らしいものです。

10年後も20年後もキレイな髪でいるために…

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です